任天堂のQOL事業第一弾が判明。睡眠状態を非接触で計測する装置を発売。

てっきりゲーム要素を取り込むと思っていたのですが・・・ガチ路線ですか。

私たちが、QOL事業で最初に主軸として扱う健康に関わるテーマですが、具体的には、
「睡眠と疲労の見える化」です。

人は誰でも睡眠が必要ですし、人は誰でも疲れます。
質の良い睡眠が取れているかどうかは、人の健康に大きな影響を与えていることには
議論の余地がありませんし、疲労が蓄積すると健康維持の妨げになることは、
多くの方が日頃から意識されていると思います。

しかし、どちらも主観的にしか捉えていないことが多く、客観的な見える化を実現しにくいテーマでした。
もし、これを見える化できたら、そこには年齢・性別・言語・文化を問わず、
非常に大きな可能性があるのではないか、というのが、私たちが考えていることです。
もちろん今でも、睡眠状態を測定するさまざまな手段は既に存在しています。

睡眠の見える化については、大きな潜在需要があるはずなのに、
これまで決定的な商品が登場していなかったのは、
お客様に何らかの努力を要求する構造になっていて、
継続が難しかったからではないかと私たちは考えました。
このQOL事業に踏み出そうと私が決断したのは、

この問題を根本的に解決する「Five “Non” Sensing」の実現のメドが立ったからです。
Five “Non” Sensingというのは、これまで計測に必要だった5つのことを不要にして、
睡眠状態・疲労状態を自動計測するというコンセプトです。
Non-Wearableというキーワードだけは、前回の経営方針説明会でもお話ししましたが、
何かを身につける必要がないということです。

多くの方に共感していただけると思いますが、眠るときは、
できるだけ身につけるものは自分にとって快適なものだけで、身軽に眠りたいものです。
何かの機械を腕に巻いたり、特別な寝具に取り替えたりということを求めると、つい忘れたりして、
継続していただきにくくなりますから、
この「身につける必要がない」ということは非常に重要なことだと思っています。

次に、Non-Contact、すなわち「身体に触れる必要がない」ということです。
生体情報を読み取るには、身体に直接センサーを取り付けるのが都合が良いのですが、
眠るときに異物を付けて寝ることを好む方はいないはずです。
ですから、非接触で計測ができる、ということも、とても重要なポイントになります。

さらにNon-Operating、すなわち「操作の必要がない」ということは、
継続していただくうえで重要なポイントです。
寝入りや寝起きは、いつも頭脳明晰な状態ではないのですから、
ベッドまたは布団で寝るだけなのか、寝たり起きたりしたときに操作が必要なのか、
ということで、継続ができるかどうかが大きく変わります。

そして、Non-Waiting、すなわち「測定を待つ必要がない」ということがあります。
生体情報の計測には、センシングから分析まで一定の時間がどうしても必要です。
これは、「Wiiバイタリティセンサー」に取り組んだときもどうしてもうまく解決できなかったポイントでした。
でも、もし、睡眠の間に自動計測ができ、操作も不要にできるなら、
お客様をお待たせする必要がない計測が可能になります。

そして最後のポイントですが、Non-Installation Efforts、すなわち「設置の手間が不要である」ということです。
始めていただくうえで、これも大きなポイントになります。
このFive “Non” Sensingのコンセプトで、睡眠状態を自動計測することで、
睡眠と疲労を見える化するというのが、任天堂のQOL事業第1弾のコンセプトになります。




このFive “Non” Sensingのコンセプトで、睡眠状態を自動計測するデバイスとして、QOLセンサーというものを用意します。していただくことは、このQOLセンサーをベッドサイド、あるいは、布団の横に置いていただくだけです。
このQOLセンサーの中には、マイクロ波の非接触センサーというデバイスが搭載されます。電波を使って、身体の動き、呼吸、心拍などを、身体に触れることなく計測できます。この自動計測されたデータは、インターネット上のQOLクラウドサーバーに送られ、センサーから計測されたデータを分析して、睡眠状態と疲労状態を見える化する、という仕組みで実現します。

qoksannsa-112335.jpg


このようにFive “Non” Sensingによる睡眠と疲労の見える化が実現できると、QOL向上のサイクルというのは、次のようになります。
まず、Five “Non” Sensingで、睡眠や疲労状態を自動計測します。お客様にしていただくことは、QOLセンサーを寝る場所のそばに置いていただき、毎日普通に眠っていただくだけです。そのデータは、QOLクラウドサーバー群に送られ、分析・評価されます。これにより、睡眠状態・疲労状態を見える化します。次に、お客様個別の睡眠状態・疲労状態から、QOL改善のための個別のサービス、具体的にはいろいろな行動のおすすめを提供します。お客様には、そのおすすめに基づいてQOLを改善するような行動をしていただきます。QOLを改善するような行動とは、例えば運動や食事の選択などがそれにあたります。そしてその結果がどうだったのか、ということが、またFive “Non” Sensingを通じて、毎日継続的に睡眠や疲労の状態を計測する結果の中に徐々に傾向として現れてくる、ということです。このサイクルがQOL向上につながり、それを実現するのが、QOL向上プラットフォームということになります。

http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/141030/05.html






管理人コメント

任天堂の事ですからゲーム要素を組み込むのかと予想していましたが、大きく異なる模様です。
どうやら本格的に医療・介護分野に進出するみたいですね。
(計測したデータを受信&閲覧するハードの一つとして任天堂ゲーム機が含まれるとは予想していますが)

すでに他の医療機器メーカーが同様のコンセプトの商品を販売していますが、それとは異なる独自性を用意しているのでしょうか?
まだまだ不明瞭だらけですので、今後の情報に注目といった所ですね。

どの程度のデータがどの程度の精度で計測されるのかは不明ですが、詳細なデータが得られるのなら医療・介護分野の方達が注目する可能性があります。
(電波を使って、身体の動き、呼吸、心拍などを、身体に触れることなく計測出来るのはかなり魅力的ですから

何にせよ。ついにQOL事業が本格的に動き出しました。
これがどういう結果をもたらすのかはまだまだ未知数です。
もしかしたら「ゲームの任天堂」「花札&トランプの任天堂」に続いて「医療・介護の任天堂」と認識される時が来るのかもしれません。
スポンサーサイト





[ 2014/10/31 06:30 ] 任天堂系 | TB(0) | CM(22)

ゲーム作れよ
[ 2014/10/31 08:40 ] -[ 編集 ]

こればっかりはあんまピンとこないな
疲れとか睡眠のセンサーって本来人間の体が備えてるもんだと思うのだが。。
ゲーム要素は追加されないのかな?
[ 2014/10/31 08:44 ] -[ 編集 ]

睡眠時の無呼吸とか判別できてクラウドで管理とか化ければ凄いかもね
この機器のみじゃないだろうし任天堂ゲーム機で管理する場合ゲームに絡んだ何かはあるかもねー

まあ続報まちだね・・
[ 2014/10/31 09:05 ] -[ 編集 ]

2014/10/31 08:44
仕事に追われてると疲れてることに気づいても、どの程度疲れてるのか判断できる余裕が無くなるんだよ
じゃなきゃ過労死なんて起こらん
[ 2014/10/31 09:12 ] -[ 編集 ]

>>ゲーム作れよ

作ってるじゃん山ほどw
べつの陣営に言ってやりな
[ 2014/10/31 09:29 ] -[ 編集 ]

過労死しそうな人がこんな機器使って測定する余裕があるとは思えん
[ 2014/10/31 09:30 ] -[ 編集 ]

ゲーム以外でも利益が出せる分野を増やす為に健康産業に進出してるわけよ。
だから、無理にゲームっぽくする必要は無いんだって。
UIや、開発技術、顧客サービスで、ゲーム分野の経験値が活きれば良いんだよ。
[ 2014/10/31 09:46 ] -[ 編集 ]

下手にゲームを絡めると共倒れになる危険性も増えるしねぇ。

とりあえず、リスク分散目的も多分に含んでるような感じだよね。
[ 2014/10/31 10:03 ] -[ 編集 ]

シャープが来年出してくるものは福祉関係や高齢者見守りなどに主眼を置いているみたいで、一般向けに生活習慣の改善をサポートしようとする任天堂とは方向性が少々違うのかなと
こういう測定機器って数値を出して終わりというものが多いと思うけど、その改善への具体的行動や計測の継続という段階にゲーム的要素を取り込んでサポートできると面白いかもしれない コメントにある通り、無理にゲームを入れ込む必要は別に無いんだけどね

そしてこの装置は新型ラブテスター開発の第一歩と見てよろしいか?
[ 2014/10/31 10:08 ] -[ 編集 ]

オムロンのパクリ。

[ 2014/10/31 10:19 ] -[ 編集 ]

疲労の可視化ねぇ…
随分と畑違いだな
流石の任天堂でも手探り状態だろうし大丈夫か?
てっきりWiiFitを昇華したものかと思っていたよ
[ 2014/10/31 10:34 ] -[ 編集 ]

ResMedと提携でしょ?オムロンのパクリ?なにいってんのw
[ 2014/10/31 10:37 ] -[ 編集 ]

おソース
http://www.idaireland.jp/news-media/featured-news/new-sleep-monitoring-devi/
[ 2014/10/31 10:39 ] -[ 編集 ]

ソニーだって何かやるんだろ?
介護か医療かしらないけどさ
提携やら何やらするってパクりになんの?
パクりって珍コン(棒)やらパクブラみたいなのだとばっかり思ってた
[ 2014/10/31 11:04 ] -[ 編集 ]

ネットゲーで寝落ちしたかどうかを判定してくれる機器かと思ったら、ガチだったw
[ 2014/10/31 11:05 ] TY.N/4k.[ 編集 ]

これは未来を感じるようなデバイスだな。確かにこう言う物は有りそうで無かった、
それでいて生活の中にあれば間違いなく役に立つ物である事は確かだな。
ニーズは若年層から高齢者まで幅広い、おまけに任天堂は世界的に認知度が高い。
この分野でブランドを気付けば、後で続く企業が出ても任天堂ブランドに勝る物は無くなるからな。
恐らくWiiFitUに連動するように出来ているんじゃないかと思う。WiiFitメーターもセンサーだからな。
内容を確認するためにWiiU買えじゃあ高い気がするから、
ゲームとも連動する機能が豊富にあるんじゃないかと思うな。
[ 2014/10/31 12:34 ] -[ 編集 ]

これ、個人じゃなく企業に需要が有りそうだな
社員の体調とかリアルタイムで管理出来そうだし
睡眠不足が事故に繋がる運輸系企業に売ってくのもいいんじゃね?
[ 2014/10/31 13:28 ] -[ 編集 ]

これは、明らかに今までの福祉の情報化とは一線を画すよ。今までの情報化とは、既存の仕事をPCを使って簡単にできるようになりましたってレベル。
だけど突き詰めて突き詰めて、ずっと考えると福祉そのものを情報化できないかなとの思いに至るわけ。ところが、社会福祉学会の報告などはほぼアンケートオンリーで、満足度指数を利用者の主観でしか計れてないわけ。それも当たり前で、何を以て福祉向上かは、基準がないからね。便利になった、幸福になった、充実した、というのを数値で計れるのは、まさに大きな一歩です。
でも、福祉もコンピュータも分かってない、現代社会に生きてるとは思えないような陣営が、「QOL」と聞いただけで脊髄反射でネガキャンしてる。ほんと害悪。
[ 2014/10/31 15:16 ] -[ 編集 ]

奇しくも今日がWiiUのWiiFitUの先行体験版から1年が経つんだよな
発売日の日付変わったと同時にFitメーター購入して外で早速装着して興奮してたのが懐かしい。
丸一年外出中はほとんど忘れずに付けていたのについ3日程前にようやくボタン電池が切れたよ。
志が同じ人と健康を意識することなく目標に向かって楽しく楽しめたので今後も継続できそうだ
まぁ任天堂としてはこれがQOLの先行体験版みたいな位置付けでもあるのかもしれない

任天堂のゲームは楽しいけれどこれから先もずっとゲームだけで行くとしたら心もとない
永続的に出来る何か新しい事を模索していたのと、長年研究していたバイタリティーセンサー、WiiFitUのノウハウ
で、任天堂は未だ誰も踏み込んでいないブルーオーシャンを確信したんだろうな
バランスWiiボードが世界で一番普及した体重計ならばこの新しいQOLセンサーも相当普及するだろうね

モーフィアスに対してこちらはQOL第一弾として睡眠と疲労の見える化か
モーフィアスはあれはあれで突き詰めていけばいいと思う
傾注している間にこちらはブルーオーシャンへの地盤を強化していって欲しい
後追いしても時すでに遅しっていうレベルにまでね
ただ、あちらは介護福祉に進出する云々言葉だけ掲げてた気がするから真似しださないか非常に心配だ
ここまでネタを明かせば動き出そうと思えば動きだせる訳だからな
[ 2014/10/31 18:24 ] -[ 編集 ]

健康というワードにやや過敏になってる自分を見るに
あー俺もおっさんに片足突っ込んでるんだなぁとしみじみ思う
[ 2014/10/31 21:17 ] -[ 編集 ]

確かバーチャルボーイって医療機器への活用が考えられていたよね
そういや山内社長の異業種には手を出すなという言葉があったがこれは異業種になるの?
[ 2014/10/31 21:50 ] -[ 編集 ]

異業種なんだけど、誰もがやってそうでやってないことだから、まぁいいんじゃない。
ある柱がダメになりそうな時の遺訓まで残されてはないだろうし。
[ 2014/11/01 13:20 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/1651-b8d4748b