任天堂とフィリップスの裁判はお互いにクロスライセンスが結ばれるという結果に終る

これで一連の騒動は収まりますか。

任天堂の特許侵害訴訟、フィリップスがクロスライセンスで合意

オランダの総合電機大手フィリップス・エレクトロニクスは2日、
任天堂を相手に起こした特許侵害訴訟について、
両社それぞれの特許に関するクロスライセンスで合意したと発表した。

合意に関する金銭的な条件については明らかにしていない。

問題となった特許は、ゲーム機に使用される動作感知やジェスチャー認識のシステムに関連したもの。
合意に伴い、フィリップスはドイツ、英国、
フランスおよび米国での任天堂に対する訴訟手続きを取り下げる。

フィリップスは6月、任天堂の据置型ゲーム機「Wii」と携帯型ゲーム機「DS」に
実装した動作感知システムに関し、
英国で起こした特許侵害裁判で勝訴。他の3国の訴訟に関しても
同様の対応をとる方針を示していた。

http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPKCN0JG0WE20141202




クロスライセンスについて

クロスライセンス(Cross-licensing)、または相互ライセンスとは、
2つまたは複数の企業等が、自らの持つ特許権等の知的財産権の行使を互いに許諾(ライセンス)すること、
またはそのための契約。一般には自らの持つ知的財産権を利用して、
実施・使用許諾料を(契約によるが)払わずに必要な知的財産権を利用できるメリットがある。

現代では、ある製品の製造に有用な技術に関して、
複数の企業等がその一部ずつを特許として取得している場合がよくある。
この場合に、企業間の特許侵害訴訟リスクを避けながら製品を効率よく製造して
利益を得る手段としてクロスライセンスがよく利用される。

また、Aが基本特許を持ち、Bがそれを利用した特許(利用特許または改良特許)
を持つ状況でも、クロスライセンスがよく利用される。
これにより、Aは基本特許より優れた技術を利用でき、
Bも自分の特許(Aの許諾がなければ実施できず宝の持ち腐れとなる)が実施できる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9






管理人コメント

今回の特許裁判は任天堂とフィリップスとの間でクロスライセンスが結ばれた事でフィリップス側が訴えを全部取り下げる形で終わりとなりました。
これでフィリップス側が求めていたWii&WiiUの販売差し止めは行われなくなります。

ユーザー側としては満足のいく結果となったのではないのでしょうか?
今後もWii&WiiU関連のリリースが行われる事になるのですから。

任天堂とフィリップスがどういう心境なのかは正直不明です。
何しろ現時点で判明している情報が限られていますので。

某所では任天堂が勝った負けた&賠償金はいくらか?とか騒ぎ立てていますが、それらは単に自分達の願望を垂れ流しているだけです。
それとも彼らは独自の情報網でも保有しているのかもしれません。
脳内の「願望」「妄想」という情報網を。

何にせよ妥当な落としどころだと思います。
正直かなり長引くと予想していましたので、この早期の決着にはいささか驚いています。
任天堂もフィリップスも泥沼の争いになるのを嫌がったのかもしれません。
スポンサーサイト


[ 2014/12/03 06:30 ] 任天堂系 | TB(0) | CM(12)

平和的な解決で良かった。ソニーハードファンが挙って煽り材料に使っていた物だからな。
これで連中がフィリップスガーとは二度と言えなくなった訳だ。
ちなみにソニーは任天堂とは比べるのも烏滸がましいぐらい訴訟&敗訴のオンパレードだがな。
今回の一件だけでよく騒げるもんだよ。騒いだ分、ソニーにブーメランが来る可能性も考え無いんだろうな。
今のソニーが落ちぶれているのは、少なくともファンが騒いだ結果のブーメランだと思っているよ。
[ 2014/12/03 12:51 ] -[ 編集 ]

管理人さんの最後の一文がすべてだよなぁ
長引いて得する者は誰もいないんだし、ベストな選択だろう
[ 2014/12/03 12:54 ] -[ 編集 ]

仕事で誹謗中傷する輩の大きな特徴に、裁判結果を尊重しないというものがあります。
裁判で訴訟取り下げになろうが、和解になろうが、いやあいつはダメだと言い続けるのが常套手段です。
さすがに一般人は相手にしませんが。
[ 2014/12/03 13:03 ] -[ 編集 ]

任天堂が侵害を認めた形で終わったんですな。和解って事は。
これからが大変だけど早く落ち着くといいですよね
[ 2014/12/03 13:20 ] -[ 編集 ]

立川の残党がいるな、和解=侵害を認めたってバカかよw
和解の意味わかってねえだろ
両者にとっての落とし所って話以上でも以下でもねえよ
[ 2014/12/03 14:17 ] -[ 編集 ]

まったくだ。こういうのが暴れるから、規制に巻き込まれた時の抜け道まで潰されるからますます迷惑
しかし妄想と現実がごっちゃになるって怖いなあ
現実を認識できないとか、正に狂気だ
[ 2014/12/03 15:40 ] -[ 編集 ]

ゴキはもう息も絶え絶えだから仕方ない
最後の悪あがきってところかな
てか火消しで色んな所で暴れてるみたいだな
[ 2014/12/03 15:57 ] -[ 編集 ]

結局のところ「一審で勝訴してたフィリップスが訴訟を取り下げ和解した」ってことは、任天堂が優勢だったんだよね
フィリップス側からしたら、損害とゲーム機販売差し止めが当初の予定だったんだから、和解が「勝利」なわけがない

…ということを何故理解しないんだろう
[ 2014/12/03 22:12 ] 0/HLcGmk[ 編集 ]

内容を読まずに「任天堂が負けた」とコメントしてて虚しくならないのかねぇ…そう書き込むのが仕事ならどうしようもないけど。

クロスライセンスなので、フィリップス側にも何かしらの落ち度があった可能性は十分ありえる話なのかな、と。
[ 2014/12/03 22:17 ] -[ 編集 ]

お互いに譲歩し合った形だから、任天堂は敗訴を不服とした控訴を取り下げ、フィリップスはクロスライセンスで合意して落ち着いたんだな。クロスライセンスってことは、任天堂も同様の権利を持つ事をフィリップスが認めた形になるから、それなりの金銭的和解で済んだのだろう。
まあ、フィリップスは元々WiiやWiiUを本気で差止めする気なんか無くて、和解金とかが結果的な目的だろうしなあ。
権利ゴロだからしょっちゅう起こしてるみたいだし。
[ 2014/12/03 23:05 ] -[ 編集 ]

Gの脳内では、一審で勝ち目なしと判断した任天堂が大金払って土下座してライセンス違反では体裁が悪いのでクロスライセンスって形で収めてもらったことになってるようで…

いや、実際にそうである可能性も零ではないけど、現状では黒い悪魔(G)連中の願望・妄想でしか無いんだよね、
[ 2014/12/04 00:39 ] -[ 編集 ]

「控訴するのを模索している」から一転、今回の和解ですからね
まあ、フィリップスから譲歩は引き出せたとは思いますけど

正直、逆転裁判出来るようなネタなら模索なんて表現使ってないと思うので
[ 2014/12/04 17:18 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/1776-7394eb8d