「ファンタジーライフ 2 」と「レイトン7」はスマホで展開される事が判明

これは残念ですね・・・

「ファンタジーライフ 2 ふたつの月とかみさまの村」がスマホアプリとして2015年夏に配信。
事前登録受付は本日から



レベルファイブは本日(2015年4月7日),同社の新作発表会「LEVEL5 VISION 2015 -THE BEGINNING-」を東京ドームシティホールで行い,iOS / Android向けアプリとして「ファンタジーライフ 2 ふたつの月とかみさまの村」を今夏に配信予定であることを発表した。
また,事前登録受付が本日20:00に開始される予定とのこと。

村作りのような新システム「ビレッジ」が今作の大きな特徴で,ビレッジにはゲームの進行に応じてさまざまな施設を建てられるようになっている。自分のアバターを操作してビレッジを歩き回ることも可能。
集めた仲間とコミュニケーションも取れるという。

最大4人によるマルチプレイに対応し,広大なファンタジールの世界を冒険しながら,モンスターと戦闘を繰り広げたり,木を切り倒したり,採掘したりと,自由なマイライフを送ることができる。

http://www.4gamer.net/games/294/G029473/20150407061/




●『レイトン』の世界とスマートフォンを使ったまったく新しい作品



レベルファイブは、2015年4月7日(火)、新作発表会“LEVEL5 VISION 2015 -THE BEGINNING-”を、都内TOKYO DOME CITY HALLにて開催。
同発表会で『レイトン7』の詳細が発表。
本作は、テーブルゲーム『人狼』にヒントを得た作品となり、最大7人で参加できるテーブルトーク推理ゲームとなっているという。
各プレイヤーには、“村人”や“吸血鬼”など、役割が割り振られ、吸血鬼が誰かを見破ることが目的。

http://www.famitsu.com/news/201504/07076088.html






管理人コメント

両作品ともDS&3DSで誕生したタイトルなだけにこの発表は非常に残念です。
とはいえ国内サードがスマホ市場に夢を追い求めるのは恒例の事です。

CSで十分な利益が見込めるタイトル以外はスマホで・・・というのはそれほどおかしくはありません。
日野社長としても大失敗に終った「ワンダーフリック」のリベンジを果たしたい所なのでしょう。
これが成功するかどうかは何とも言えませんが。

今回の発表で従来のユーザーは落胆している事でしょう。
そこから再び盛り上げる事が出来るかどうか興味深い所です。

迷走もまたレベル5&日野社長の特徴ですから・・・
スポンサーサイト





[ 2015/04/08 11:40 ] ゲーム | TB(0) | CM(7)

スマホにナンバリングだけはやめてほしかった
[ 2015/04/08 12:12 ] -[ 編集 ]

スマホにナンバリング・・・ブレスオブファイア・・・
[ 2015/04/08 14:26 ] -[ 編集 ]

ファンタジーライフはアップデートも責任をもって長いことやってくれてるし、レベルファイブのこと見直してたのにな
残念としか言い様がない
レイトンはスマホに行くと思ってたよ
[ 2015/04/08 14:59 ] -[ 編集 ]

レイトン7は最初の発表だと3DSも含まれていたのに・・・
[ 2015/04/08 15:17 ] -[ 編集 ]

スマホで出すのは別に構わない。スマホのUIでやるのも面白そう。
ただ別機種でナンバリングするなら、過去ナンバリングもそこで出して欲しい。
特にスマホの買い切り市場は悲惨の一言だから、世界観が分からず中途半端な売れ行きでブランド自体の価値低下になったら、誰にとっても損だから。
[ 2015/04/08 15:23 ] -[ 編集 ]

レイトンは7とか付いてるけど明らかに今までとは別物だから仕方ない
任天堂がやろうとしてるスマホでのIPの利用を一足先にやっている感じだろう
ファンタジーライフ2は…ご愁傷様
[ 2015/04/08 16:14 ] -[ 編集 ]

レイトンもファンタジーライフもスマホ行きもですが、
レベル5はとにかくユーザーの期待を裏切る事に全力を注いでいるとしか思えません。
正直なんでここまで駄目駄目なセンスを発揮するのだろうか?とため息しか出ません。

[ 2015/04/08 19:10 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/2318-e0957305