ドラマ「ひぐらしのなく頃に」の続編が11月に放送開始!!

2074035zisahhigurashinokizi0001.jpg

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』続編、11月放送開始
BSスカパー!オリジナルドラマ『ひぐらしのなく頃に』の続編でシリーズ解答編となる『ひぐらしのなく頃に解』が11月より放送されることが明らかになった。
原作の「目明し編」「罪滅し編」をもとに、全4話(各60分)が制作される。

俳優の稲葉友、NGT48の加藤美南、中井りか、清司麗菜、本間日陽らの出演で、人気ホラーゲームの実写化に挑んだ作品。

原作の「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」を各編2話ごとの3編構成で5月20日から全6話が放送された。『ひぐらしのなく頃に解』では、前作で未解決のまま終わった“オヤシロさま”、“悟史”、“雛見沢症候群”といった謎解きに挑む。

両作品はPG-12指定(12歳未満および小学生の観覧には、親または保護者からの助言や指導が必要)。スカパー!のいずれかのチャンネルまたはパック・セット等の契約者であれば無料で視聴できる。

原作は、サウンドノベルのホラーゲームとして、2002年から06年にかけ「出題編」と「解答編」の各4編が登場。口コミで人気に火がつき、その後、家庭用ゲーム機への移植、漫画化、小説化、アニメ化、実写映画化など広くメディアミックスが行われ、人気を博した。14年には新規シナリオを含めた『ひぐらしのなく頃に奉』が発表され、15年にはいままでのコンシューマゲーム作品が全て収録された『ひぐらしのなく頃に粋』が発売されている。

村人の連帯が強固で一見平和な村に見える雛見沢村。毎年6月に行われる夏祭り「綿流し」の日に、一人が死に、一人が消える怪奇な事件が起きた。それからこの怪奇事件は毎年起きるようになり、村では雛見沢村に祀られる神・オヤシロ様の祟りとして畏れられていた。そして、昭和58年、雛見沢村へ都会から青年、前原圭一が引っ越してくる。新たな学校や友人と楽しい学校生活を送っていた圭一だが、過去に村で起きた陰惨な未解決事件の噂を耳にした事から日常は綻び始める。事件が始まって5回目の「綿流し」の日を迎え、人か祟りか偶然か、またしても事件は起き、圭一の日常も「見えない何か」に浸食され始めるのだった。

http://www.oricon.co.jp/news/2074035/full/

ちなみに公式サイトでは役者の方達の画像が掲載されています。
興味のある方は是非見てみよう!!




管理人コメント

実写版は映画&ドラマ共に見た事がありません。
(これまでゲームの実写化で何度絶望を味わった事か)
当ブログの閲覧者の方で実際に見た方がいましたら簡単な感想をお願いします。

それにしても、オリジナルの同人版がリリースされてから14年。
まだメディアミックス展開されている事には驚きます。
旬は当の昔に終わっていると思うのですが。
(それだけひぐらしが魅力的なのか、他の竜騎士作品がぱっとしないのかは不明ですが)

そういえば「ひぐらし」のCS版をリリースしていた「加賀クリエイト」も「アルケミスト」も終焉を迎えました。
これもオヤシロ様の祟りなのでしょうか?




ひぐらしのなく頃に粋

スポンサーサイト


[ 2016/06/27 12:00 ] ゲーム | TB(0) | CM(4)

映画はキャストさえ目を瞑ればそれなりに良かったぞ
一応それなりに成立してたと思う
TV版は存在自体しらんかった
[ 2016/06/27 12:05 ] -[ 編集 ]

その大事なキャストがな レナがフィリピン人(似)だったのは苦笑いですわ
[ 2016/06/27 13:12 ] -[ 編集 ]

実はドラマ版はそこまで悪くない。安っぽさが逆にひぐらしに合ってた。何より原作BGMを使ってくれてるのが嬉しい
[ 2016/06/27 13:34 ] -[ 編集 ]

ひぐらしよりうみねこと彼岸花の方が個人的には好きだったな
[ 2016/06/27 23:26 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4223-6aa92a80