「RPGツクールMV」でバンナムのカタログIP素材を使ったゲームの制作/公開が可能に。カタログIPオープン化プロジェクトの情報サイト「OPEN GAME」がβ公開

rpgtujkurubanamukataroguipkoukaikizi000001.jpg

バンダイナムコエンターテインメントが展開している,同社保有のオリジナルIP対象タイトルを使った二次創作を奨励する「カタログIPオープン化プロジェクト」。
同プロジェクトに参加しリリースされたコンテンツの情報サイトとなる「OPEN GAME」が,本日(2016年7月14日)β公開された。


合わせて,カタログIPオープン化プロジェクトと,KADOKAWAが開発したゲーム作成ツール「RPGツクールMV」(PC / Mac。発売はスパイク・チュンソフト)との連携も明らかにされており,OPEN GAMEではRPGツクールMVで使えるカタログIPオリジナル素材の配布が開始。

RPGツクールMVはHTML5形式での出力に対応しているということで,OPEN GAME内にはHTML5形式のブラウザゲームを公開できる場となる「投稿ゲーム」というコーナーが設置されたほか,クリエイター向けサイト「OPEN GAME CREATORS」も開設されている。

このOPEN GAME CREATORSに登録すれば,RPGツクールMVなどで個人が制作したブラウザゲームを,OPEN GAME内で公開できるようになる。

OPEN GAME CREATORSからのゲーム投稿に限っては,カタログIPオープン化プロジェクトのクリエイター登録なしで,「パックマン」「ギャラクシアン」といったカタログIPの対象タイトルの素材を使用したゲームの制作と公開が可能になるというのがポイントだろう。

http://www.4gamer.net/games/312/G031261/20160714001/




関連記事

バンダイナムコが1980年代のゲームキャラクターや音楽の利用権を他社に有料で開放!!
http://hiro155.blog.fc2.com/blog-entry-2283.html#more




管理人コメント

試み自体は良いと思います。
これで「RPGツクールMV」で製作したゲームに往年のナムコキャラを登場させる事が出来るのですから。
そのキャラをどう生かすのかは作り手のセンスが問われる訳ですが。

バンナムの「カタログIPオープン化プロジェクト」は現時点では上手く活用されていないという印象があります。
ぶっちゃけユーザーからの反響が少ない・・・そもそも話題になっていない気すらします。
(現時点でプロジェクト対象カテゴリーが「スマホ」「プラウザ」「RPGツクール」「新規ネットワーク」と限られているからでしょうけど)

初めて情報が公開された時はもっとナムコキャラの魅力を存分に発揮させた気合の入ったゲームがリリースされる事を期待したのですが・・・う~ん。




PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)

スポンサーサイト


[ 2016/07/14 13:50 ] PC | TB(0) | CM(1)

コメ無し 注目度低いなw
[ 2016/07/15 01:49 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4289-2224e144