フリューがインディーズADVゲームを取り扱う「カタルヒト」の公式サイトを公開

kataruhitoifuryuyokuyatanokizi0000001.jpg

フリュー株式会社は、本日7月21日(木)より、ニンテンドー3DS向けにインディーズアドベンチャー(ADV)ゲームを扱う新たなシリーズ『カタルヒト』のポータルサイトを公開いたしました。


あわせて第一弾として配信する『彼岸花の咲く夜に 第一夜』『ファタモルガーナの館』『WORLD END ECONOMiCA Episode.1』3作品の紹介映像も公開いたしました。

『カタルヒト』は、インディーズアドベンチャーの中でも、従来の家庭用ゲームには無かったような、斬新で良質な作品を選りすぐり移植・販売していくプロジェクトレーベルです。

広く一般の方が手軽に本を読むように、ゲームを気軽にダウンロード購入し、いつでもどこでもニンテンドー3DSにてお楽しみいただけることをコンセプトとしています。

[カタルヒト]彼岸花の咲く夜に 第一夜(07th Expansion)



配信日:2016年7月27日(水)
希望小売価格:800円(税込)
CERO:D(17歳以上対象)

[カタルヒト] ファタモルガーナの館(Novectacle)



配信日:2016年7月27日(水)
希望小売価格:800円(税込)
CERO:D(17歳以上対象)

[カタルヒト] WORLD END ECONOMiCA Episode.1(Spicy Tails)



配信日:2016年7月27日(水)
希望小売価格:800円(税込)
CERO:D(17歳以上対象)

http://www.4gamer.net/games/135/G013574/20160721102/




関連記事

自転車操業「あの、素晴らしい をもう一度」はかつて家庭用携帯ゲーム機への移植を検討していた
http://hiro155.blog.fc2.com/blog-entry-2279.html#more




管理人コメント

インディーズで評価されているノベルゲームをCSユーザーに楽しんで貰うというコンセプトは実に素晴らしい。

今回3DSでリリースされる3タイトルはどれも評価はされていますが、一般層に認知されているとは言い難い作品ばかりです。
(コミックスや小説やドラマCDなどメディアミックス化されたりしていますが)
これで新たなユーザーが増えるのは、作り手としても実に喜ばしい事なのでは?

3DSのDL専用ゲームの売り上げが好調なのは、すでに何度も言及されています。
「カタルヒト」も十分需要を見込めると思います。
(メインターゲットは中高生かな?)

ただ3タイトル共「CERO:D(17歳以上対象)」なのが気になる所。
私がプレイした事があるのは「彼岸花の咲く夜に」のみですが、確かに「CERO:D」でないと問題のある描写が存在します。
ちゃんと3DSに移植出来るのかな・・・と不安になります。

第二弾以降のタイトルも続々配信予定ですので、盛り上がれば良いのですが。

おまけ



ところで、私も大好きな「自転車操業」さんの作品の移植予定はないのでしょうか?
良作&名作をリリースするサークルですので、フリューもチェック済みであると期待したい所です。




世界樹の迷宮Ⅴ 長き神話の果て【先着購入特典】世界樹の迷宮Ⅴ サウンドトラック ラフスケッチVer.付

スポンサーサイト


[ 2016/07/24 12:00 ] 任天堂系 | TB(0) | CM(4)

わりと面白そうなゲームあるなあ
フリューはこういうとこはうまく立ち回るね
[ 2016/07/24 16:40 ] -[ 編集 ]

ADVは大好物なので盛り上がってほしいなあ
[ 2016/07/24 19:19 ] -[ 編集 ]

彼岸花はかなり好きな作品だな
ただ確かに第一話だけはちょっと問題があるよね
どう扱うのかちょっと気になるけども
でもそのほかの話とかはいじめ問題とか扱ったり意外と固いイメージがあるわ
解決方法に関してはシンプルながら納得できたしね
[ 2016/07/24 23:14 ] -[ 編集 ]

アドベンチャー好きだが、シングスタッフの出したやつが微妙な終わり方して800円が直近だけに
本当に面白いかどうかがプレイするまでわからんのに売っぱらうこともできないジレンマ
体験版出せば面白さがわかるかな?好みもあるからなぁ
[ 2016/07/25 02:30 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4332-68ab4845