新たなAC版「電車でGO!!」が発表に。3画面の大型ディスプレイに映し出される車窓風景で,運転士気分が味わえる。連動スマホアプリも今冬配信

denshadegoakedofukatunokizi00000001.jpg

タイトーは本日(2016年8月8日),アーケードゲーム「電車でGO!」稼働20周年を記念したAC向け新タイトル「電車でGO!!」を発表した。稼働は来春を予定している。
山手線など主要な路線を舞台に,天候の変化や朝の通勤ラッシュ時間など,きめ細かいシチュエーションでゲームを楽しめるという本作は,それらがスクウェア・エニックスのヴィジュアルワークス部監修によるハイクオリティのグラフィックスによって再現されているとのこと。

denshadegoakedofukatunokizi00000002.jpg

denshadegoakedofukatunokizi00000003.png

denshadegoakedofukatunokizi00000004.jpg

3画面の大型ディスプレイに映し出される車窓風景や,実際の鉄道車両モニタのデザインをイメージしたタッチパネル,本物の形状を再現したマスコンの採用などにより,電車運転シミュレータである前作よりさらに踏み込んだ,“本物の運転士になりきれる”電車運転士体験ゲームへと進化しているそうだ。

denshadegoakedofukatunokizi00000005.png

あわせて,電車をつなげて消すスマホ向けパズルゲーム「連結!電車でGO!!」(iOS / Android)が,今冬配信予定であることも明かされている。

電車でGO!! との連動も予定されているというこのパズルゲームは,世界最小級ブロック「nanoblock」を販売するカワダとのタイアップが決定しているほか,鉄道ファンにはおなじみの,運行情報サービス「乗換案内」や,雑誌「鉄道ファン」とのコラボレーションも予定されているとのこと。各詳細は続報を待とう。

http://www.4gamer.net/games/351/G035198/20160808009/


「電車でGO!!」公式サイト
http://denshadego.net/





管理人コメント

アーケードの大型筐体として「電車でGO!!」が復活するのは正直驚いています。
よくスクエニがこの企画を通したものだと感心します。
(アーケード事業が好調なのでしょうか?)

こうして過去のIPを見直すという試みはとても良い事だと思います。
後はこの試みが台無しにされなければ・・・「ラング」とか「俺屍」とか悲惨でしたからね。

ただかなりの大型筐体ですので、導入出来るゲームセンターは限られるのでは?という不安要素も。
そしてCSへの移植は予定しているのかどうかも気になる所です。

何にせよCSでの最終作である「電車でGO! FINAL」から12年。
奇跡が起きました。
今はただ素直に復活を喜ぶとしますか。




世界樹の迷宮V 長き神話の果て

スポンサーサイト


[ 2016/08/09 09:30 ] ゲーム | TB(0) | CM(8)

さすがに技術の進歩を感じるなw
鉄道博物館に2~3台常設しても良いくらいの出来だわ。
[ 2016/08/09 10:12 ] -[ 編集 ]

VRで出るのかな
もし出たら電GOとしては買っちまうかもしれん
[ 2016/08/09 10:49 ] -[ 編集 ]

新作マジか
ただ難易度どうなるんだろうなぁ
[ 2016/08/09 10:51 ] -[ 編集 ]

ただタイトー家庭用撤退してんだよな...願わくば復帰してほしいが
[ 2016/08/09 11:35 ] -[ 編集 ]

スマホの無料アプリ程度の内容しか詰め込めれないPSVRでも電車でGO程度なら再現できるな
[ 2016/08/09 12:29 ] -[ 編集 ]

↑おー、それなら3DSでもできるかな?
やりたいソフトもう全部やっちゃったから
[ 2016/08/11 00:51 ] qtmpN9WU[ 編集 ]

家庭用で出すかはタイトーの意向うんぬんじゃなく スクエニが家庭用でも出したいって思うかどうかだけ
今のタイトーはスクエニの一部門だからな
[ 2016/08/11 09:13 ] -[ 編集 ]

一部門というか子会社
[ 2016/08/11 09:15 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4401-29cc2f46