PS4「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」が2017年に国内発売へ。「アーカム・アサイラム」「アーカム・シティ」と全DLCをまとめたタイトル

batomanrimasuta2016091100001.jpg

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントは本日(2016年9月9日),PlayStation 4用ソフト「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」(原題:Batman: Return to Arkham)を,日本国内で2017年に発売すると発表した。
価格はパッケージ版が5980円で,ダウンロード版が5480円(共に税別)。CEROレーティングはC(15歳以上対象)となっている。




バットマン:リターン・トゥ・アーカムは,PS3やXbox 360などの前世代機で発売された「バットマン:アーカム・アサイラム」(Batman: Arkham Asylum)と「バットマン:アーカム・シティ」(Batman: Arkham City)の各リマスター版をまとめたタイトル。
グラフィックスが強化されるのはもちろんだが,過去のDLCをすべて含んだ形で登場するのもポイントである。

国内発売発表に合わせて日本語字幕付きのトレイラーが公開されているので,まずは映像でその雰囲気を確認しておこう。

http://www.4gamer.net/games/343/G034319/20160909079/




管理人コメント

前世代機でリリースされた「バットマン3部作」

「バットマン アーカム・アサイラム」
「バットマン:アーカム・シティ」
「バットマン:アーカム・ビギンズ」

本作は1作目と2作目のリマスターです。
「バットマン:アーカム・ビギンズ」が未収録なのは開発スタジオが異なるからなのでしょうか?
(それともVitaでリリースされた「ビギンズブラックゲート」と一緒に出す可能性も考えられますが)

「アーカム・アサイラム」と「アーカム・シティ」は傑作なバットマンゲーと高い評価をされていますので、まだ未プレイの方はこの機会にプレイしてみるのも良いのでは?

ぶっちゃけ3作目と4作目である「アーカム・ビギンズ」や「アーカム・ナイト」よりも評価されているのは内緒です。
決して悪い出来ではなかったのですが、前2作が傑作過ぎました・・・




バイオショック コレクション

スポンサーサイト


[ 2016/09/11 06:20 ] PS系 | TB(0) | CM(1)

4Kリマスター待ったらあ?としか思わなくなった
[ 2016/09/11 09:36 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4537-de53f02d