「スーパーマリオラン」の開発は任天堂のマリオチームが担当 マイニンテンドーや任天堂ゲーム機との連携も?

supamariorannkoukakizi201609080001.jpg

アップルのイベントにて発表された『SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)』。
スマホ向けに初めて登場するマリオの新しいアクションゲームですが、本作の開発体制などの情報が、任天堂のクリエイティブフェローを務める宮本茂氏から明らかにされています。



TIME とのインタビューで宮本茂氏はまず、『スーパーマリオラン』が、任天堂が以前から話している2016年度内に配信予定タイトルの1つであることを確認。

そして開発体制ですが、家庭用の『スーパーマリオ』を手がける手塚卓志氏らによる任天堂のマリオチームが中心となって、開発を進めていると明らかにしました。
プロデューサーは、マリオの生みの親である宮本茂氏。カスタマイズ要素などの開発協力・運営協力にDeNA。

横スクロールマリオをよく知る任天堂の開発チームのメンバーによって、モバイルデバイス向けに最高の横スクロールマリオが開発されているそうです。

より幅広い層に遊んでもらえる、新しいマリオ

マリオは一般的に、シンプルな誰もが楽しめるアクションゲームであるものの、Bダッシュをしながらのジャンプといった複数のアクションを組み合わせるテクニックを難しいと感じるユーザーも存在。

ゲームを遊ぶことを主目的としないモバイルデバイスでマリオを開発するにあたっては、片手で遊べることを前提に「いかにしてマリオのシンプルさという本質的な部分を残しながら、モバイルデバイス上で表現するか」というアプローチが取られました。

その結果、走り続けるマリオを操作するこの形が採用。ただ従来とは操作方法が変わったとはいえ、ジャンプアクションの類のチャレンジングな要素は健在で、ユニークなマリオになったと宮本氏。他ユーザーの記録にチャレンジする競争要素も入っています。

My Nintendo を介した連携

任天堂のスマホ事業は、そこでのビジネスはもちろんのこと、最終的に任天堂の家庭用ゲーム機へユーザーを連れてくることも目的の1つとしてあります。

宮本氏によると『スーパーマリオラン』が任天堂ハードや『より幅広い層に遊んでもらえる、新しいマリオ

マリオは一般的に、シンプルな誰もが楽しめるアクションゲームであるものの、Bダッシュをしながらのジャンプといった複数のアクションを組み合わせるテクニックを難しいと感じるユーザーも存在。

ゲームを遊ぶことを主目的としないモバイルデバイスでマリオを開発するにあたっては、片手で遊べることを前提に「いかにしてマリオのシンプルさという本質的な部分を残しながら、モバイルデバイス上で表現するか」というアプローチが取られました。

その結果、走り続けるマリオを操作するこの形が採用。ただ従来とは操作方法が変わったとはいえ、ジャンプアクションの類のチャレンジングな要素は健在で、ユニークなマリオになったと宮本氏。他ユーザーの記録にチャレンジする競争要素も入っています。』と直接連携する計画は今のところ無いものの、会員プログラム「My Nintendo」を介しての連携、たとえばフレンドリスト等のデータを用いるといった要素はあり。
あるいは作ったキノコ王国のデータを使って、任天堂ゲーム機上で何かしらのことを行うアイデアも。

『ポケモンGO』のように、マリオゲームの売上増を期待

また直接の連携はなくとも、任天堂のゲーム機にポジティブな影響をもたらすことは考えられます。

『ポケモンGO』では、名前は知っていてもこれまでポケモンで遊んだことが無かっただろう人たちが、ポケモンたちと出会ううちにオリジナルのポケモンゲームに興味を持ち、旧作の売上が上昇するといった現象も起きました。

任天堂や宮本氏は『スーパーマリオラン』がきっかけとなって、マリオゲームでも『ポケモンGO』と似たようなことが起こりうるのではないかと期待しているそうです。

http://t011.org/game/117194.html




管理人コメント

シンプルな操作でスーパーマリオの醍醐味であるジャンプアクションを楽しんで貰うというのが本作のコンセプトなのでしょう。
後は何処まで魅力的なステージを用意する事が出来るのか・・・それと総ステージ数はどれくらいになるのか?そして価格は?

マリオチームの手腕に期待するとしますか。

これで新たに「マリオ」を知ったユーザーがCSマリオやCSそのものに興味を抱いてくれると良いのですが。
それこそが任天堂がスマホゲーム事業に参入する理由ですからね。




スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS 【Amazon.co.jp限定】オリジナルキーホルダー

スポンサーサイト


[ 2016/09/12 15:00 ] 任天堂系 | TB(0) | CM(17)

総ステージと言っても買いきりじゃないだろうし、まずある程度の数が用意してあって定期的に新ステージ配信って感じだろうな
アプリ自体はDL無料一部プレイ無料って扱いだから、フリートゥプレイというよりも体験ステージ(数ステージ)付きで
もっとステージか遊びたい場合は購入って感じだろうな(任天堂的(岩田元社長的)に言えばフリートゥスタート)
3DSのNEWマリオ2の追加ステージみたいに数ステージまとまったのを各・数百円で購入みたいになりそうな気がする
[ 2016/09/12 15:51 ] -[ 編集 ]

マジか
NXの方に出ると思われる
マリオシリーズはこの人達
関わらないのかな?
[ 2016/09/12 16:03 ] -[ 編集 ]

もうCSは次世代にまかせるってことだよ
スマホアプリを若手にやらせるのも具合が悪いだろうし
[ 2016/09/12 16:19 ] -[ 編集 ]

NXのマリオは東京のチームに任せるのかな
[ 2016/09/12 16:26 ] -[ 編集 ]

並行してコンシューマもやってないわけ無いでしょ、それに東京は基本3Dマリオの担当だしな
若手ってことで言えば3DSのニューマリ2も若手中心だったたし、手塚さんを中心にって言ってもやることは監修とかだからな
複数に関われないわけでない
[ 2016/09/12 16:33 ] -[ 編集 ]

インタビューでミヤホンが
アプリ内購入無しって
言ってるからもしかして買い切り?
[ 2016/09/12 20:11 ] -[ 編集 ]

なんか任天堂がスマホ用のコントローラーを作ってるようだけど次回作はそれを使ってもっと複雑なアクションもやらせてほしい
スマホ用のコントローラーはFEとぶつもりが出る3月に合わせそう
[ 2016/09/12 20:43 ] -[ 編集 ]

可能性は低いが「最初から広告目的のアプリ」として扱うかもしれない
[ 2016/09/12 20:43 ] -[ 編集 ]

マイニンテンドーのプラチナポイントでマリオ以外のキャラスキンが貰えたりするかもですね
有料の追加コースに関してはゴールドポイントを使っての割引サービスとかいいかも知れない…
[ 2016/09/12 21:01 ] -[ 編集 ]

直接課金は無いけどMyNintendoのコイン使えるぞってのはありそう
プラチナコインが直接買えるようになれば可能性はあるかも
[ 2016/09/12 21:33 ] -[ 編集 ]

マイニンテンドーは本当に何もないからなぁ
ゴールドポイントも
割引だけだし
前みたいにゲームを配ってほしい
[ 2016/09/12 21:33 ] -[ 編集 ]

ゴールドポイントは「サードのソフト買えば任天堂のソフトが割引になる」って考えればわかりやすい
[ 2016/09/12 22:15 ] -[ 編集 ]

アップルか・・・関係ないな

[ 2016/09/12 21:33 ]
だな
ゴールドポイントのうま味がもうちょっと欲しい所
まあそれとは関係なしにDLゲームはこれからも買うけどさ
[ 2016/09/12 22:18 ] -[ 編集 ]

ベースがnewマリか……
[ 2016/09/13 01:13 ] wLMIWoss[ 編集 ]

定期的にスマホ用コントローラとか言うやつ出るけど、総会で否定してるからな
それに任天堂が出したらスマホでゲーム作ってる会社全部に利用されてしまうだろw
[ 2016/09/13 06:55 ] -[ 編集 ]

マリオが自動で敵や障害物を避けるらしいけど、どんな感じのゲームなんだろう。まさか逆転の発想でマリオの進行を邪魔して遊ぶの?
[ 2016/09/13 15:02 ] -[ 編集 ]

マイニンテンドーはホントに何もないが立ち上げはこんなもんでしょ
徐々に出てくるか今までと違ったアプローチも考えられるね
まぁNXのための前準備の一つでしょうから
NXの前からいろいろやってんなってのは感じてるんだろけど
どこまでが繫がってるかはわからんしねー
e3やポケモンgoを見てると情報媒体としての考え方も変えてくるだろし、googleやニコ動の絡み方なんかね
ミートモやWiiuなんかから、その発展形も出てくるでしょ、例の会社はこのへんかな
後は携帯、据え置きの連動失敗を踏まえてのNXだろうし、アミーボは大成功ということからの連動の仕方とか、アミューズメント系かな?
この辺のアプローチは何となく考えられるんだけど、そのほかどういった仕掛けを用意してるんだろか
[ 2016/09/13 22:27 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4544-eb48325b