PS4「GRAVITY DAZE 2」の発売日が今年の12月1日から2017年1月19日に変更!!

section2hatubaiennkinokizi20161006001.jpg

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは本日(2016年10月6日),PlayStation 4向けソフト「GRAVITY DAZE 2」の発売日を,当初予定されていた12月1日から2017年1月19日に変更する発表した。

この発表に合わせて,シリーズディレクターの外山圭一郎氏からのコメントも公開されている。発売日変更の理由や,アナザーストーリーという位置付けで有料配信予定だったDLCの無料化も,コメント中で明らかにされているので,確認しておこう。

http://www.4gamer.net/games/233/G023394/20161006020/




PlayStation4用ソフトウェア『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』発売日変更のご案内

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、PlayStation4 (PS4)用ソフトウェア『GRAVITY DAZE 2』の日本国内に向けた発売日を、諸般の事情により当初ご案内しておりました2016年12月1日(木)から2017年1月19日(木)に変更したことをご案内申し上げます。

これまで制作は順調に推移し、ベストと思われる発売日を今年7月の発表会で発表させていただきましたが、社内外含め、その時点と大きく状況が変化いたしました。

今作は主人公キトゥンの物語の完結編であるため、ユーザーの皆さんにはじっくりと時間をかけてプレイしていただきたいということ。また、オンラインを通じたユーザー間の非同期コミュニケーションにも注力しているため、出来るだけ多くの皆さまに同時期にプレイしていただきたい、といった事情を鑑みて、発売日を変更させていただくことにいたしました。

本作を楽しみにしてくださっている皆様には、本当に申し訳ありません。4年以上に渡り本作を作り続けてきて、我々としても強い自信を持つこのゲームを最高のタイミングで世に送り出したい、という思いにご容赦をいただき、引き続きご期待いただければ幸いです。

お待たせする分、当初は有料配信を予定していたダウンロードコンテンツを、無料で配信させていただきます。これは『GRAVITY DAZE 2』のアナザーストーリーと位置づけて制作しており、遊びごたえのあるものにいたしますので、ご期待ください。

年末年始にかけてスペシャルアニメーションや新情報を公開するなど、ファンの皆様と一緒に盛り上がれるようなプロモーション活動も展開していきますので、今後とも『GRAVITY DAZE 2』をどうぞよろしくお願いいたします。

「GRAVITY DAZE」シリーズディレクター 外山圭一郎


本作の発売をお待ちいただいておりますユーザーの皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。

http://www.4gamer.net/games/233/G023394/20161006020/




管理人コメント

「社内外」という言葉を考慮すると「FF15」と「トリコ」が12月発売になったので食い合いを避ける為に延期した・・・と解釈出来ます。
SIEとしても「FF15」は売れてくれないと困るというのが本音なのでしょう。
(トリコの方は駄目っぽい気がしますが)

FFに踊らされるPS4市場というのもなかなか面白い・・・のかもしれません。

お詫びとして当初は有料配信だったDLCが無料配信になりますので、ユーザーとしてはそこまで悪い話ではないのかもしれませんが。
それにPSでの発売日延期は恒例行事です。
ユーザーもいい加減慣れている事でしょうからね。




GRAVITY DAZE 2 初回限定版 - PlayStaion4

スポンサーサイト


[ 2016/10/06 13:10 ] PS系 | TB(0) | CM(13)

発売時期ならわかるけど発売日設定してからの延期がPSは多過ぎでしょ・・・

PSのお客さんの方が多い自称小売の人、大丈夫なんですかね?
[ 2016/10/06 13:32 ] -[ 編集 ]

これも延期するかもなって思ってたら延期した
トリコももう一回延期すると予想しておこう
[ 2016/10/06 13:52 ] -[ 編集 ]

FF15が二日前になって泣く泣くキャンセルしてたから個人的には嬉しいよ
まあ今度は蒼ヴァルが被るんだけどね…さよなら(´・ω・`)
[ 2016/10/06 14:25 ] -[ 編集 ]

小売にとってはいつもの事でもたまったものじゃないでしょ
[ 2016/10/06 15:47 ] -[ 編集 ]

まあ今回はFF15とトリコの回避のためだろうけど、延期したとこで何かしら他のソフトと被るからな。
もう発表済みな来年初頭のソフトだと、バイオ7・仁王・ホライズンあと上の人の蒼ヴァルとか。
[ 2016/10/06 15:52 ] -[ 編集 ]

どこみても延期嬉しいばっかだな
[ 2016/10/06 16:15 ] -[ 編集 ]

PSWは発売前が最高潮、発売日に再度盛り上がった後発売3週目辺りで峠を越えて、以降は売り上げが急降下する
そういった、新規タイトルにしか興味がないような客層を相手に商売してますからね…
そんなだから、実際には発売済みのタイトルがそこそこ潤沢なWiiUに対して「ソフトが無い」といった具合に煽ってしまう思考回路を持っているのでしょうしw

FFXVに至っては、発売前が最低評価のようなものなので、発売後のユーザー評価如何では1~2ヶ月くらいは中~低水位安定で売れ続ける可能性はまだ微レ存ですが…
しかし、トリコとDAZE2は売れても20万本クラスの中堅以下のIPでしょうし、FFへの影響は皆無なんじゃないでしょうかね?
むしろ、FFと同時期の発売日ではソフトが売れなくなるから回避したとしか思えないのがなんとも…w
[ 2016/10/06 16:47 ] -[ 編集 ]

延期して12月に来たトリコとFF15のせいでGRAVITY DAZEが延期ってもうギャグにしか思えないな

ビッグスターズラリとか紹介しといて発売日ズラしまくりじゃん
[ 2016/10/06 18:30 ] -[ 編集 ]

16:47
たしかに任天堂はソフトがロングヒットしやすい市場にあるけど、WiiUに関してはソフトが
枯渇気味なのは事実だよ。
去年はスプラトゥーンとマリオメーカーが据置市場を席巻したけども、ハードの普及台数から考えて
既に多くのユーザーに行き渡っていると考えるのが自然だし。
実際、今日電撃オンラインから上半期のソフト&ハードの機種別販売台数が公開されたけど、
WiiUの日本市場における構成比は7.2%と前世代機のPS3と並ぶような結果になってしまっている。
[ 2016/10/06 19:12 ] -[ 編集 ]

[ 2016/10/06 19:12 ]
ゲームプレイを主な趣味にしていないような、普通のゲームハードユーザーがその世代のそのハードで何本のソフトを購入して遊ぶか?
に対しての正確な数値は出てないし、結論は人それぞれということなるんだとは思いますが、例えばそのハードの専用ソフトを10本購入すると仮定すれば、WiiUには99本のディスクソフトと、それ以上(153本)のDL専用ソフトが出てるんですよね
勿論DL専用ソフトの中にはゲームとは呼べないものも有るんですが、それを加味しても合わせて200本以上のゲームソフトが出ているわけです
それを「枯渇」と言うのは個人の価値観の問題ですから否定するのは難しいことですが、自分的には十分(潤沢)な選択肢が用意されていると考えます…
まぁ、視点を変えて新作(というか、新しいゲームが出るときのワクワク感)が枯渇してる、というのは事実だとも思いますけどね(汗
[ 2016/10/06 19:34 ] -[ 編集 ]

ソフトの数が多いと思わせることは重要だよ。実際は満足出来る一本が重要だが、本体を選択する時はどっちが得かで選ぶからな。
[ 2016/10/06 21:53 ] -[ 編集 ]

いや、遊びたいものがあるかでしょ?

全てが絶対にそうとは言わないけど、個人的に自分は朧村正のDLCの為にVitaTV買ったしペルソナ5の為だけにPS4買おうかと思ってるよ。複数ハード持ってるようなゲームを本当に遊んでる人の感覚なんてそんなもんじゃないんですかね?

それでもソフトラインナップ数が(比較して)少なかろうが任天堂ハード系、PCでのSteamで遊べるタイトルはかなり持ってるけどね。


[ 2016/10/06 22:19 ] -[ 編集 ]

[ 2016/10/06 21:53 ]
まず選択するって考えが間違ってる
ゲーム機は買わなければならないものじゃないし複数持ってもいいものでもあるんだよ
枯渇とまではいかないでもWiiUにもう少しみんなで遊べる大作が欲しかったってのは思うけどね
[ 2016/10/08 21:59 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4647-82e84b20