DeNA守安社長「任天堂との協業タイトルは来年以降もリリース」 開発リソースを「最優先で割り当て」

sumahokorekaramokiaiireruzekizi201611050001.png

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、この日(11月4日)開催の決算説明会で、同社の守安功社長(写真)は、任天堂との協業タイトル『Super Mario Run』について、国内だけでなく、海外戦略における重要な存在になるとの見方を示した。

すでに事前登録者が全世界で2000万人を突破するなど世界的に期待を集めているタイトルだが、今後、任天堂との協業タイトルが海外市場における大きな収益源になりそうだ。ただし、第3四半期の業績予想には含んでいないとのこと。中長期的な取り組みであり、タイトルは明かせないとのことだが、来年度以降もリリースする予定だという。


守安社長によると、任天堂との協業タイトルには開発リソースを「最優先で割り当てている」という。
『Super Mario Run』や『ファイアーエムブレム』、『どうぶつの森』に携わっているDeNAの開発者は兼任も含めて100名程度だが、今後、タイトルの増加に合わせて増やす考え。
『Super Mario Run』の開発における両社の役割分担について会場から改めて質問が出たが、「年内リリースに間に合わせるために両社でかなり一緒に開発に取り組んだ。(クライアント開発とサーバー開発という)役割分担は当初公開したほどはきれいには分かれていない。収益の配分については特に変わらないだろう」と回答した。

このほか、以下の事項が明らかになった。

・新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」のリリース時にDeNAがパートナーに入っていた件についてはあくまで会員制サービスなどの構築を行う。
DeNAとしては「Nintendo Switch」に限らずコンソール向けのゲームソフトを出す予定はないが、VRゲームなどは試験的に出すかもしれない。

・『ファイアーエムブレム』と『どうぶつの森』を来年リリースする予定だが、ビジネスモデルなど詳細は決まっていない。
『Super Mario Run』は、売り切りに近いビジネスモデルだが、その後、リリースするタイトルは実際に『Super Mario Run』を出してから判断するのではないか」。

・また会場からは当初、『ファイアーエムブレム』と『どうぶつの森』が今年秋とされていたが、来年になった理由について聞かれると、『Super Mario Run』が年内にリリースできる見通しになったためだという。
アプリリリース前のプロモーションや、他のアプリへの誘導効果などを考えると、集客の見込める『Super Mario Run』を先に出すことが望ましいと判断した。

http://gamebiz.jp/?p=172419




管理人コメント

まずは情報提供ありがとうございます。

記事を読む限りでは来年以降も任天堂のスマホゲームは継続的にリリースされるという事です。
そしてスマホゲームの製作にDeNAもがっつり協力体制だと。

現在では「スーパーマリオラン」&「ファイアーエムブレム」&「どうぶつの森」の3つのスマホゲームが発表されています。
来年以降は任天堂のスマホゲームのリリースが増えると予想されます。

「スーパーマリオラン」の世界規模での大反響に守安功社長も大きな手応えを感じたのでしょう。
売れるであろうコンテンツに力を注ぐのはとても正しい事です。

来年以降どんなタイトルが発表されるのでしょうか?
それに来月にはiOS版「スーパーマリオラン」の配信が。
その後にスマホ版「ファイアーエムブレム」&「どうぶつの森」の詳細な情報公開も行われる事でしょう。
任天堂のスマホゲーム界隈もかなり忙しい事になりそうです。

おまけ

「スイッチ」にスマホゲームモードがあるのかないのかは気になる所です。
スマホ市場では買い切り型のゲームを売るのは難しい現状ですが、CSでは買い切り型のゲームを購入するユーザーが多数存在します。
スマホより3DSの方が買い切り型のゲームが売れたというケースは少なくありません。

今後もスマホ向けにF2Pではなく買い切り型のゲームをリリースするのなら「スイッチ」にスマホゲームモードがあった方が絶対に得策だと思うのですが。
これらの有無も2017年1月13日~15日に東京ビッグサイトで開催される「ニンテンドースイッチ プレゼンテーション&体験会」で判明するのかな?




桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!! - 3DS

スポンサーサイト


[ 2016/11/05 15:00 ] 任天堂系 | TB(0) | CM(17)

ソニー大幅減益、前年比7割減 9月期決算
http://www.asahi.com/articles/ASJC163Q2JC1ULFA02M.html
[ 2016/11/05 15:24 ] -[ 編集 ]

[ 2016/11/05 15:24 ]
ソニーはいつも第三四半期決算は粉飾決算して黒字に見せかけて年度末決算で赤字でしたというやり方をやるけど今回は「それをやってもこの数字って事でマジでヤバいんじゃないか?」て各地で言われてるな
因みにゲーム事業はPSNの売り上げ(ゲーム、DLC販売等)が85%減でソフト売り上げは前年度の約60%減という洒落にならない結果となっている

虫や業者が最近やけに暴れてたのは多分これの所為だろうな
[ 2016/11/05 15:40 ] -[ 編集 ]

好きなゲームの話したら?
[ 2016/11/05 15:49 ] -[ 編集 ]

ゲームいくら売れてもソニーはダメだって前から言われてるのにな
なんかアレな人が来て長くなりそうだからその記事もう作った方がいいと思うここはミートピアだし
[ 2016/11/05 15:57 ] -[ 編集 ]

ここはミートピアじゃなかたw
[ 2016/11/05 15:58 ] -[ 編集 ]

DLソフトのアカウント紐付けとかその辺も頼みます!
[ 2016/11/05 16:01 ] 0HMKsla6[ 編集 ]

( ・ิω・ิ) ミートピアときくと、どうしても肉のほうを思い出す
[ 2016/11/05 16:33 ] -[ 編集 ]

任天堂の倒し方を知っていると豪語したGREE
他者IPと積極的にコラボして活路を見出したDeNA

[ 2016/11/05 16:51 ] -[ 編集 ]

スマホゲームモードは入れてくるような気もするけど
下手に頻繁に通信するゲームにも対応すると、SIMカード入れられないと大変そう
任天堂製の買い切り型ゲームのみスイッチでも遊べるとかにすんのかな
[ 2016/11/05 17:17 ] -[ 編集 ]

スマホモードというか、移植しやすくするツールとかをNvidiaが用意してくれたらなぁとは思う。
[ 2016/11/05 17:29 ] -[ 編集 ]

スマホゲームモードってつまりiosやアンドロイドが動くようにするってことだろ?
それはさすがにないと思うぞ
ただユニティとかスマホで良く使われるゲームエンジンには対応して
スマホゲーは移植しやすいようにして、
ミートモやマリオランみたいな任天堂製スマホゲーは移植すんじゃないかな
[ 2016/11/05 17:32 ] -[ 編集 ]

スマホゲームは全てDeNAが深く関わってるんだな
まあ家庭用ならトップクラスの任天堂でもスマホ市場じゃ素人だからそれがいい

それよりスイッチでの会員制サービス構築が気になる
発表会の注目点の1つになるんじゃないか?
[ 2016/11/05 18:11 ] -[ 編集 ]

スマホになるんじゃなくて
移植版を出すのはありそうだ
[ 2016/11/05 18:44 ] -[ 編集 ]

任天堂の倒し方を知っているぅ。マスコミの任天堂叩きですね。
[ 2016/11/05 19:17 ] -[ 編集 ]

[ 2016/11/05 18:11 ]
普通に今やってることじゃね?
質問されたから改めて答えただけで
[ 2016/11/05 21:43 ] -[ 編集 ]

スマホゲームモードということは、OSを泥にしないといけないし
そうだと脆弱性やウイルスとの戦いにもまきこまれる。
良いことばかりじゃないんだよな。
[ 2016/11/05 22:45 ] -[ 編集 ]

最近面白いアプリないから
早くぶつ森とFE配信して欲しい。
ずっと待ってるんだよ。
今してるアプリ全部消してでもそっちやるつもりでいるのに。
[ 2016/11/06 11:12 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4777-a40ddf89