ガスト最新作「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」の発売日が2017年3月30日に決定!!PVも公開!!

nururiku201611150001.jpg

バグに定評のあるガストで発売が年度末決算・・・


コーエーテクモゲームスは,ガストブランドの新作RPG「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」(PS4 / PS Vita)の発売日と価格が決定したことを明らかにした。
発売日は2017年3月30日で,本日(2016年11月14日)13:00に予約が開始されるとのこと。

価格は,PlayStation 4版は通常版が7800円+税,「プレミアムボックス」が1万800円+税,「スペシャルコレクションボックス」が1万6800円+税となる。
PlayStation Vita版は通常版が6800円+税,「プレミアムボックス」が9800円+税,「スペシャルコレクションボックス」が1万5800円+税と,PS4版より1000円安価に設定されている。
なお,ダウンロード版はPS4版/PS Vita版ともに通常版と同価格だが,発売日から2週間の期間限定で10%オフで販売される予定だ。

本作は,「ガスト美少女祭り」第3弾のタイトルで,現代日本を舞台に少女達の等身大の青春を描くというPRG。キャラクターデザイン・監修は岸田メル氏,シリーズ構成は時雨沢恵一氏,五十嵐雄策氏,夏海公司氏が担当している。

nururiku201611150002.jpg

nururiku201611150003.jpg

これまでに公開された部分を要約すると、主人公となる女子高校生・白井日菜子は,とあることがきっかけで魔法少女“リフレクター”になる。ゲームの世界では,日常生活で抱えている悩みや問題の元凶は「異世界」にあるようで,日菜子達リフレクターは問題を解決するために異世界に飛び込んでいく。
異世界で不具合を起こしている“想いの結晶「フラグメント」”を入手すると現実世界で変化が起きるーーという感じだ。

今回公開された情報では,悩みを解決していくと「原種」と呼ばれる巨大生物が出現し,人間に襲いかかってくるということが判明した。
この脅威に立ち向かうためには,攻撃力や防御力などをアップさせられるフラグメントを装備し,リフレクター達を強化していくとのこと。

なお,原種が現れた理由や戦いのあとどうなるかなどについては,現時点で明らかにされていない。

nururiku201611150005.jpg

nururiku201611150004.jpg

一方,星ノ宮女子高等学校で送る学園生活で,日菜子はたくさんの女子生徒達と交流を重ねていくことになる。
登校中,授業中や昼休み,放課後の自由行動といった“日常”を繰り返していくのだが,発生したイベントの回答であったり,一緒に過ごしたりすることで,仲の良さが変化していくという。

なお,放課後にはアイテムを作ったり異世界に行ったりできるようだ。

なお,ほかの女子生徒との交流は,日菜子が持っているスマートフォンにインストールされているアプリ「フリスペ!」でも行える。

http://www.4gamer.net/games/354/G035400/20161111050/




関連記事

【恒例行事】『フィリスのアトリエ』発売延期をしてもフリーズ祭で公式が謝
http://hiro155.blog.fc2.com/blog-entry-4769.html#more

Vita版「ソフィーのアトリエ」に初日ギガパッチが発動か!?
http://hiro155.blog.fc2.com/blog-entry-3302.html#more

「よるのないくに」Vita版の修正パッチ1.02が地雷だと話題に!!
http://hiro155.blog.fc2.com/blog-entry-3313.html#more




管理人コメント

記事を見る限りでは「美少女ゲーム版ペルソナ」といった感じになるのかな?
最近のPSは「ペルソナ」をリスペクトしたRPGが多い気がします。









こういう「現在を舞台にした学園モノ」を好むユーザーがPSには多いのでしょうね。

それはそれとして、バグに定評のある「ガスト」で発売が来年の3月30日(年度末決算)というのは物凄いヤバイフラグという気がします。
発売日に購入する人は「バグ&フリーズ地獄とギガパッチ」程度は覚悟した方が良いのかもしれません。

実際に11月2日に発売された「フィリスのアトリエ」はバグ&フリーズ祭りでした。
お約束過ぎて慣れっこというユーザーも多い模様ですが。
(だからこそメーカーも平然とバグゲーをリリースするのでしょうけど)

「ガスト美少女祭り」は第1弾である「フィリスのアトリエ」が昨今のアトリエ最低クラスの初動&バグ&フリーズ祭りといきなり躓きました。
第2弾である「よるのないくに2」は前作が不評でしたので売り上げが前作より落ちる可能性が高い。
そして第3弾である「BLUE REFLECTION」は年度末決算の発売が決定していきなりヤバイフラグが立ちました。

果たして「ガスト美少女祭り」は成功となるのか?
メーカーもユーザーも笑顔で終わる事が出来るのか?

色んな意味でPS市場は面白いなあ・・・




よるのないくに2 ~新月の花嫁~ プレミアムボックス (初回封入特典(ゲーム内で使えるダウンロードシリアル) 同梱) - PS4

スポンサーサイト


[ 2016/11/16 06:20 ] PS系 | TB(0) | CM(10)

これが見えてる地雷というやつかw
[ 2016/11/16 06:31 ] -[ 編集 ]

規模に見合ってないリリースペースが
より心配を加速するよ。
[ 2016/11/16 07:32 ] -[ 編集 ]

これ冗談抜きでやばいパターンじゃ・・・
看板のアトリエですらバグが酷い状態で発売してるのに
[ 2016/11/16 07:33 ] -[ 編集 ]

発売日からが本格的な試験フェーズだから
[ 2016/11/16 07:37 ] -[ 編集 ]

出るまで神ゲー。出た後は無視
[ 2016/11/16 07:41 ] -[ 編集 ]

これホンマ実機画面なんかなぁ・・・
[ 2016/11/16 09:04 ] -[ 編集 ]

明らかに見えてる地雷、だなw

でも大丈夫。
それでも踏み抜くのが盲目キモヲタPSユーザーですから。
詐欺サードからしたらありがたいね
[ 2016/11/16 10:21 ] -[ 編集 ]

1万5800円!!!???
完全にキモヲタを財布に見てやがるなw
相変わらずエロで釣るような感じなのに、イラストと実機のモデリングの落差が
大手メーカーとは思えないような仕上がり、ボロもうけですやん
[ 2016/11/16 13:59 ] -[ 編集 ]

バグまみれなら逆に初日ギガパッチあった方がいいんじゃないだろうか
[ 2016/11/16 15:38 ] -[ 編集 ]

絵が良ければそれだけでいいレベルで絵しか売りが無いんだから
この手のユーザーの大半がゲーム買わずに後日画集だけ買えばOKと
悟ってしまったら終わりなタイプのコンテンツなのがね
更に行くところまで行くとゲーム公式のキャラクター紹介の絵と宣伝ムービー見るだけで
絵は把握できるわけであとは同じ絵を違うアングルで見られる時間が増えるだけ
にしかすぎないとまで悟ると収入完全にゼロですわな
[ 2016/11/18 03:31 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/4818-8e5bb2a7