Project SETSUNAの第2弾タイトル「LOST SPHEAR」,ATB2.0ベースで“移動”もできるバトルシステム,メインキャラ,その世界観を紹介

swtuna2nokizi20170605001.jpg

スクウェア・エニックスは,2017年秋に発売予定のPlayStation 4/Nintendo Switch用RPG「LOST SPHEAR」(ロストスフィア)の新情報を公開した。

本稿では,本作のバトルシステム,主人公をはじめとするメインキャラクター,世界観をまとめて紹介しよう。

まずは,本作の世界観をあらためて説明しておこう。

本作の世界にある“もの”には,すべて記憶が宿っているという。そして,その記憶こそが世界のルールを形作っており,記憶の喪失は世界の消失を意味する。
そして今,記憶が失われ存在自体が白い霧となって消えてしまう“ロスト現象”が,世界の至る所で起き始めていた。

swtuna2nokizi20170605002.jpg

swtuna2nokizi20170605003.jpg

主人公の「カナタ」は,記憶によって世界を創り変える力に目覚めた人物で,覚醒した“記憶の力”を用いて,世界を復元,ときには創り変える旅に出る――というのが,本作のプロローグだ。

“記憶”で作られた世界であるため,本作のワールドマップはバラエティに富んでおり,さまざまな文明が入り交じったエリアが多数存在するのこと。

swtuna2nokizi20170605004.jpg

swtuna2nokizi20170605005.jpg

swtuna2nokizi20170605006.jpg




swtuna2nokizi20170605007.jpg

~Story~
LOST SPHEAR
この世界は記憶によって創られている。

人が生きていくことで星の記憶となり、この世界は形作られていく。
それは、果てしなく遠い昔の記憶もあれば
今、この瞬間の記憶もある。

そして。
記憶が失われるとき、存在も消えてしまう。
それを人はロストと呼んだ。

ロストしてしまったものは、人の力で元に戻すことはできない。
それはいつの時代であっても変わらない理のはずだった。

しかし、記憶の力を使う少年が世界に現れる。
少年の名前はカナタ。

それは世界にとって、希望なのか。新たなる絶望なのか。
それは誰にもわからない。

だが、今始まろうとしている、カナタの記憶を巡る旅が、
世界に大きな影響を与えるであろうことは間違いなかった。


正式発表時に公式サイトで公開されたイントロダクションでは,本作において「月」が重要な存在であろうことが示唆されている。

今回公開された情報を踏まえてデビュートレイラーを見ると,本作に対するイメージがより深く理解できるだろう。






バトルシステムについては,「いけにえと雪のセツナ」(PS4/PS Vita/Nintendo Switch)同様,ATB2.0ベースで設計されている。ちなみにATB2.0とは,もともと「クロノ・トリガー」で採用された戦闘のシステムを指している。

ATB2.0の概要を簡単に説明しておくと,コマンド式の戦闘に時間と位置の概念を加えたもの。キャラクターは時間経過によってゲージがたまった順番に行動可能となり,アクションを実行してから時間経過でゲージが溜まれば,再び行動可能になるという流れだ。

さらに,戦闘中は行動などによって味方と敵の位置が変化する。スキルなどには「直線状」「円状」といった効果範囲があるため,使用するスキルの威力だけでなく,効果の範囲やキャラクターの行動順が大きく影響を及ぼすというわけだ。

swtuna2nokizi20170605008.jpg

swtuna2nokizi20170605009.jpg

swtuna2nokizi201706050010.jpg

また本作では,キャラクターが行動を開始するときにタイミング良くボタンを押すと“追加効果”を得られる,「いけにえと雪のセツナ」の「刹那システム」も採用されているとのこと。

swtuna2nokizi201706050011.jpg

swtuna2nokizi201706050012.jpg

swtuna2nokizi201706050013.jpg

そして,バトルにおける新要素となるのが“バトル中の移動”だ。使用条件などの詳細は不明だが,移動してから攻撃などの行動を起こせるため,先述した効果範囲のあるスキルなどを,より効果的に使えるようになるわけだ。

swtuna2nokizi201706050014.jpg

swtuna2nokizi201706050015.jpg

swtuna2nokizi201706050016.jpg

swtuna2nokizi201706050017.jpg




最後に,主人公のカナタ,幼馴染の「ルミナ」と「ロック」,謎の青年「ヴァン」の情報を引用して掲載しておくので,本作に注目している人はチェックしておこう。

カナタ
年齢:16歳
武器:剣

swtuna2nokizi201706050018.jpg

月鐘の街エルで育った少年。
落ち着いた性格から、大人びた印象を受けるが胸の内には熱い心を持ち、実直な子供らしさも残る。

我流ながら剣の腕前は帝国兵にも劣らず、街にときどき現れるモンスターを退治するのもカナタの役割となっている。

エルに起きた異変を機に、記憶によって世界を創り変える力に覚醒。
世界中で発生しているロスト現象を調査する帝国から協力を要請されることになる。

自分の力が世界に役立つのであれば、と考え幼いころに失踪した母親探しを条件に、帝国への協力を決意し、世界へと旅立ってゆく。

swtuna2nokizi201706050019.jpg




ルミナ
年齢:18歳
武器:格闘

swtuna2nokizi201706050020.jpg

幼いころにエルに流れついたカナタの幼なじみの少女。

身体能力も魔力資質も人並みだが、我流の格闘術によってカナタたちとともに街の護衛を行っている。

仲の良いカナタとロックには手が出てしまうこともあるが礼儀正しく、相手を思いやることができる優しい女の子。

街にやってきた当初は泣きも笑いもしない少女だったがカナタとの出会いにより、少しずつ感情が芽生えていった。
それゆえ、カナタには深い愛情を示すが、それが友情なのか、あるいは恋愛感情なのか、彼女自身にもわかっていない。

swtuna2nokizi201706050021.jpg




ロック
年齢:13歳
武器:ボーガン

swtuna2nokizi201706050022.jpg

月鐘の街エルで生活するカナタの幼なじみの少年。
カナタやルミナより年齢は低いが、明るくて活発な性格であり
気付いたら、2人を引っ張って行動していることも多い。

手先が器用で、おもちゃ作りの気分でオートボウを作りカナタやルミナのモンスター退治についていくうちに気付けば上手くなっていた。

公言はしないが、死んだと聞かされている自分の父親が帝国の要職についていた、ということが密かなアイデンティティ。
だが、その父親に会ったことがないというコンプレックスも抱いている。
父親がいた帝都を見てみたい、という想いから帝国に協力し、街を旅立つこととなったカナタとともに行動することを選んだ。

swtuna2nokizi201706050023.jpg




ヴァン
年齢:20歳
武器:ビット

swtuna2nokizi201706050024.jpg

月鐘の街エルに突如現れた青年。
エルに起きた異変について何か知っているようだが、多くを語ることは無い。
口では厳しいことを言うが、心優しい性格である。

魔力で操作しながら攻撃から防御まで行うビットと呼ばれる不思議な武器を扱う。
誰にでも扱えるものではなく、使いこなすのは相当難しい代物だっが、ずば抜けた集中力によって制御し、圧倒的な戦闘能力を見せる。

カナタの覚醒を目の当たりにしてから、協力的な態度となり、最終的には、カナタたちとともに帝国へ向かうことになる。

swtuna2nokizi201706050025.jpg

http://www.4gamer.net/games/382/G038247/20170602040/





管理人コメント

雰囲気的には悪くないといった所でしょうか?
前作の反省なのか今作の舞台はバラエティに富んでいる模様です。

もっとも雰囲気の良さが作品の面白さに繋がらないのが昨今のスクエニクオリティ。
正直「人柱待ち」というユーザーも少なくないでしょう。

せめて体験版でも配信して少しでもユーザーの不安を解消させる姿勢をスクエニは見せるべきなのでは?
それぐらいスクエニに対するユーザーの不信は根強いですからね。




いけにえと雪のセツナ

スポンサーサイト


[ 2017/06/05 11:50 ] ゲーム | TB(0) | CM(17)

ええやん買ってやるわ
[ 2017/06/05 12:02 ] -[ 編集 ]

キタキタキタァーーー!
[ 2017/06/05 12:09 ] -[ 編集 ]

人柱報告来たら買ってやるか考慮だけはしてやるわ(現在のスクエニへの最大の賛辞)
[ 2017/06/05 12:15 ] -[ 編集 ]

文字とかえらく小さくない?こんなものなのかな
[ 2017/06/05 12:24 ] mnyNcPhQ[ 編集 ]

文字小さいな・・・w FF15といい・・・w
[ 2017/06/05 12:58 ] -[ 編集 ]

なんなの、これ・・・・?

[ 2017/06/05 13:31 ] -[ 編集 ]

スクエニもうやばいんじゃね? もう柱になれるような人いないのかね・・
[ 2017/06/05 13:45 ] -[ 編集 ]

スマホとスチームで1500円くらいで売った方がいいんじゃねーかな
[ 2017/06/05 13:50 ] -[ 編集 ]

セツナって地味だけど糞ゲーってほどでもなかったから買ってもいい
こういう小粒で玉石混交でいいからSFC/PSみたいにどんどんRPG出してくれ
[ 2017/06/05 15:09 ] -[ 編集 ]

スクエニは年々クオリティが低下して行ってるよね。
ブレイブリーデフォルトの時に、「これは面白い」って思ってやり込んでたっけ。
「フライングフェアリー」で1周、「フォーザシークウェル」で4周はやったと思う。
ところが「ブレイブリーセカンド」になってから、妙にモチベが上がらないなぁって感じだった。
何というか、1周目はそれなりに楽しめたけど、2週目の3章あたりから一気に冷めたね。
スラングが多いのとかメタ発言があったりとか、「前作より劣化してるじゃないか!」って気づいてから
さっぱりやらなくなった。

ついでに言うと、ドラクエモンスターズも、テリー・イルルカはEDまではそれなりに良かったけど
クリア後にでてくる敵がやたらと強かったり、ジョーカーシリーズはクリア後あんまりやる事無くて、
その1年くらい?後にプロフェッショナルという完全版(データ引継ぎ不可)を出されてやる気にならない。

こんな調子じゃオクトパストラベラーでさえも期待するのはやめた方がいいと思ってしまった。
もうスクエニの有能な若者は、任天堂の若者と共に、任天堂のRPG専門子会社立ち上げた方がまともなの作れんじゃね?

長文申し訳ない・・・
[ 2017/06/05 15:36 ] -[ 編集 ]

まずフォントを変えた方がいい
[ 2017/06/05 15:54 ] -[ 編集 ]

セツナってとりあえずビジネス的には成功したのかね
じゃなきゃセツナプロジェクトなんてつけないわな
[ 2017/06/05 16:22 ] -[ 編集 ]

安心しろ、蛸ちゃんは俺が人柱になるぜ
[ 2017/06/05 16:44 ] -[ 編集 ]

俺はオクトパスもこれも人柱になっちゃる
DQ11よりは期待してるぜ
[ 2017/06/05 18:31 ] -[ 編集 ]

セツナ最大の難点であったゲームが短い事は改善されてるのかなあ
周回前提じゃないにも関わらず、短いところまでクロノの真似する必要無かったのにw
[ 2017/06/05 19:22 ] -[ 編集 ]

クロノトリガーは別に短くなかったろ
初周はクリアまで20~30時間くらいはかかったし、
当時のRPGはそのくらいが普通だった
[ 2017/06/05 20:09 ] -[ 編集 ]

雰囲気優先で、ルナや初代グランディアみたいなテイストのものが無いんだよな
[ 2017/06/06 00:35 ] qt/YOItg[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro155.blog.fc2.com/tb.php/5716-3e9d111b